仙台青葉クリニック

9:30-13:00,14:30-18:30
歯科022-223-8871

インプラント

本院のインプラント治療

インプラント治療に関して

「患者さんがもし自分の家族だったら…」という変わらぬ基本理念。

当医院は昭和59年12月に開業した翌年から現在まで、約30年の長期に渡ってインプラント治療を手掛けてまいりました。
インプラント治療は、今でこそ一般の方も知る治療手段となりましたが、当時在籍していた東北大学歯学部口腔外科でもその研究に対しては消極的でした。そんな中、多くの長期症例を経験させていただきながら研修と臨床を続け、現在に至っております。

その経験を通じて、開業以来変わらない基本理念があります。治療方針の最終決定をする際に念頭に置くのは「その患者さんが自分の家族だったらどうするか」ということ、そして、その決定に至る思いを同じ目線で分かりやすく患者さんに説明するということです。

そのために患者さんにお聞きするのは、まず、何を希望(期待)されて受診されたのか? そして、なぜ現在の状況にいたったのか? という2点です。
その後、インプラントの利点と欠点等をご説明した上で、全身・局所的な問診、診断に必要な検査等をさせていただきます。
初診からそこまで1〜2回の通院が必要です。それらの資料に基づき、担当スタッフ、症例によっては矯正スタッフを含めて症例検討をした上で、患者さんに治療説明をさせていただいております。

治療に関して医科歯科を問わず100%の治療は無いわけで、我々が95%の成功率ですよと話しても、治療を受けられる患者さんにとっては良かったか、良く無かった、しかなく当医院でも正直100%ではありません。ただし、十分な診査診断の上に立って治療計画を立て、患者さんと我々が一緒になって治療とその後のメンテナンスプログラムを進めて行く事が第一と考えて今日まで取り組んで来ました。それに関しては今後も続けて行く所存ですので、当医院を選んで受診される患者さんにもご理解いただければ幸いです。

 

歯科一番町 院長 桃野 秀樹

UP