仙台青葉クリニック

9:30-13:00,14:30-18:30
歯科022-223-8871

矯正歯科

治療例

Case3817歳 女性
上の歯が凹凸していて、下顎が出ている。

カテゴリー 外科的矯正、サージェリーファースト
問題点 唇が閉じにくい、犬歯が機能していない、前歯で咬み切れない、言葉が聞き取りにくいと指摘されることがある、下顎が前に出ている、顔が長い、反対咬合、上顎切歯が唇側傾斜、上・下顎前歯部に叢生、下顎歯列正中線が左偏(1.5mm)、舌が大きく低位
治療内容 下顎骨を下顎枝矢状分割術によって平均10mm後方移動した。その際、臼歯部の咬頭干渉によって開咬が生じるが、頬骨下稜からのサスペンション・ワイヤーを用いて上顎大臼歯を圧下することによって対応した。上顎前歯部の叢生と上顎切歯の唇側傾斜を改善するために、両側4を抜歯した。また、下顎については、左右5を抜歯して、下顎叢生の改善と下顎切歯の舌側傾斜を図った。
治療期間 2013年5月〜2015年1月(16.4ヶ月)
初診時
初診時・左 初診時・正面 初診時・右
装置撤去時
装置撤去時・左 装置撤去時・正面 装置撤去時・右
クライアントのひと言
手術をした直後は、とても辛く手術したことに後悔しましたが、どんどん歯並びも良くなっていき、友達に「きれいになったね」と言われるのが、すごく嬉しかったです。矯正装置も外れて、今では思う存分歯を出して笑っています!
ドクターからのひと言
術前矯正を省略したサージェリーファーストによって比較的短期間で治療を終えることができました。クライアントの喜びが伝わってきます。

UP